事務局便り:各種ご案内、ブルガリアの状況や各地でのブルガリアに関するイベントなどをご紹介してます。

■「Danube in Arts」山形

山形

 2009年は、日本とドナウ川流域の「日本・オーストリア外交関係開設140周年」、「日本・ハンガリー外交関係開設140周年・外交関係再開50周年」、「日本・ルーマニア外交関係再開 50周年」及び「日本・ブルガリア外交関係再開50周年」という外交関係の節目にあたり、これら4か国との周年が重なる同年を、「日本・ドナウ交流年 2009」と名付け、本年を通じて日本及び周年各国において各種記念事業が行われてきている。この事業の中で、山形県において、それぞれ長い歴史と豊かな文化を誇るドナウ川、最上川流域の国・地域間における友好関係を深め、文化交流を促進するため「日本・ドナウ交流年2009in山形」が、11月22日、23日に行われた。この事業は、「日本・ドナウ交流年2009」事業の中では、はじめて、これら4か国が集まっての催事となった。
 ブルガリアからは、駐日ブルガリア共和国次期特命全権大使、リュボミル・トドロフ閣下もご出席され、11月22日に行われた交流セレモニー式典において、ブルガリアの映像を背景に、ブルガリアの紹介をされた。この後、山形グランドホテルにおいて、交流パーティが開催され、4カ国の料理が紹介される中、ブルガリアからのテオドシ・スパソフ・トリオ&ヒルダ・カザシャンによるサプライズコンサートもあった。彼らは、「花笠音頭」をブルガリア風、ジャズ風にアレンジし、山形県の観客を驚かせ、会場は手拍子でいっぱいとなった。