●事務局便り● (2008/6/3更新)

各種ご案内、ブルガリアの状況や各地でのブルガリアに関するイベントなどをご紹介してゆきます


大関琴欧洲、悲願の幕内初優勝!!
私たちが待ちに待った日がとうとう訪れました。
5月24日、東京場所14日目に関脇安馬を破り幕内初優勝を決めました。
しかも相撲史上初のヨーロッパ出身力士の優勝です。
この日は「キリル文字の日」(日本でいう文化の日)というブルガリアの祝日。
この日の日中にブルガリア大使公邸で行われた祝賀パーティでも話題の中心は琴欧洲のことでした。
うれしい二重のお祝いの日になりました。
次の目標はいよいよ綱取りです。
名古屋場所でのいい相撲を期待しています。
「チェスティート 琴欧洲!!」


■バラの女王と日本語弁論大会優勝者が来日■
クリックすると拡大します
2007年度のバラの女王、ローリさん(愛称)と2008年度の日本語弁論大会優勝者のナディさん(愛称)のお二人が来日しました。
福山市の「ばら祭り」と岡山市での交流行事に参加した後、東京に来た二人は、原宿の竹下通りでのショッピング、プリクラなどを楽しみ、横浜の保土ヶ谷区との交流行事で来日していたソフィア市第18総合学校の生徒5人と東京ディズニーランドに行き夜まで楽しみました。


■プロブディフ県知事、プロブディフ市長が来日■
岡山市の姉妹都市のプロブディフより、県知事のTodor Dinchev Petokovご夫妻、市長の
Slavcho S. Atanasovご夫妻が来日され、5月17日に岡山市で開催された「ブルガリアフェア」に参加されました。東京でも歓迎夕食会を行いました。




過去の事務局便り
 ・2008年 5月