協会について



   日本ブルガリア協会会長 ご挨拶

    presdent

  日本ブルガリア協会会長 東海大学総長 松前達郎

 

 日本ブルガリア協会は、2001年10月に設立され、今年で16周年となります。当協会の運営、活動にあたり、
日頃ご協力を賜っております会員の皆様、並びに多くの関係各位に感謝申しあげます。特に駐日ブルガリア共
和国特命全権大使ボリスラフ・コストフ 閣下はじめブルガリア大使館の皆様、また、在ブルガリア共和国日本
国特命全権大使山中伸一閣下のご尽力に対しまして心より感謝を申し上げます。

 日本とブルガリアの交流は、1966年に東海大学の創立者松前重義博士によって日本対外文化協会が設立され、
その代表団が1967年にブルガリアを訪問したことをきっかけに活発に行われるようなりました。その後、両国
間では、様々な文化交流、学術交流、留学生・研究者の交換などが続けられ、東海大学とブルガリア政府の間
ではすでに240名を超える留学生・研究者の交換が行われております。こうした半世紀にも及ぶ交流を通じ、
ブルガリアに興味を持つ方が年々増えてきたことは大きな喜びであります。

 ブルガリアは、ユネスコの世界文化遺産に9か所も登録されていることでもわかる通り、素晴らしい文化を
有した国です。日本でもブルガリアン・ローズやヨーグルトなどが親しまれております。ブルガリアの人々は、
社会主義国の時代から、故トドル・ジフコフ国家評議会議長をはじめとして大変親日的で、元大関琴欧州や
碧山関の出身国などとして良く知られております。また、世界でも有数のコンピューターのソフトウェア
産業を発展させてきた国でもあります。豊かな農業と最新の技術が共存している気宇な国であるとも言えま
しょう。2004年にNATO、2007年にEUに加盟し、世界においても、より一層重要な役割を果たしています。

 激動する国際情勢の中、日本とブルガリアは、多方面における価値観を共有するパートナーとして、経済危機、
気候変動、平和構築等共通の国際的諸課題について今後更に協力関係を緊密化していくことになるで しょう。

 本協会もこうした状況をふまえ、様々な活動を通して、日本とブルガリア両国間の交流を深め、友好関係と
相互理解の増進を図ることにより、世界平和に寄与できるよう努力を続けていかなければなりません。

 2015年には、ポポヴァ副大統領(当時)のご要請により、5月末にブルガリアが世界に誇る「ソフィア少年合唱
団」を招聘し、2度目の日本コンサートツアーを実施致しました。今年も、気軽に参加できるブルガリアフェアや
懇親会などの楽しいイベントが予定されております。是非とも本協会の設立趣旨並びに活動にご理解とご支援を
賜り、皆様と共にこの協会を育てて参りたく、ご協力賜りますようお願い申し上げます。